生き生きと働く、ステキな大人たちを紹介します
生き生きと働く、ステキな大人たちを紹介します

Yuu 社会保険労務士事務所   特定社会保険労務士 成田融治

「起業」から「企業」まで                                       さまざまな働き方を応援する 身近で頼れる労働問題の専門家

よく体を使っていた少年時代

 七飯町の農家に生まれました。父母が1日中働いている姿を覚えていますが、収入が少なかったこともあり、小学校6年生の時に大沼町に引っ越ししました。引っ越し後父が亡くなり、母親が山菜を取って毎朝函館の朝市で売り、生計を立てていました。今でいう起業ということになるのかもしれません。休みの日には、山菜取りの手伝いや、時には朝市での販売も行いました。

 一方で、小学校ではソフトボール、中学校ではバスケットボール、高校では野球(能力不足のため途中で退部)と好きなスポーツに打ち込みました。活躍できず、一度は全道大会に出場してみたかったと心から思いました。健康で働くことはとても大切ですが、スポーツに励んだことが丈夫な体作りにとても役立ったと思っています。

 また、小学校高学年から将棋を始め、社会に出て働き始めてからは、たくさんの大会に出場しました。今もゲーム将棋は続けていますが、これは、大切な頭の健康づくりです。

 

労働関係の仕事をいつかはしてみたい

視野を広げた大学時代

 高校卒業後、母の反対を押して、神奈川県の大学に入学しました。どのような職業についても役に立つと考え、法学部に進みました。全国各地から学生が集まり、言葉や風習の異なる友との付き合いは、自分の考え方や視野を広める上でとても役立ちました。当時は、経済成長が進んでいた時代で、懸命に働いて努力すれば道は拓けると考えていました。

 

地方公務員時代に体験したこと

 大学卒業後は、労働関係の仕事につきたいと考え、国家公務員試験を受けましたが見事に失敗。北海道職員となって、保健所や中央農業試験場、石狩湾新港管理組合、道庁各部で働きました。業務内容は幅広く、職員の福利厚生や財産の管理、各種契約事務などに従事し、財務会計業務に携わったときには取引銀行の破綻に伴う大変な経験しました。平成12年に地方分権改革により、国の政策を北海道から市町村へという流れから、国、北海道、市町村が対等・協力の関係となり、互いにそれぞれの立場を尊重しながら政策を実現するという、時代の大きな変革の流れを経験しました。

 

退職後は労働問題の専門家社会保険労務士へ

 退職後、かねてからの、働くことに関する問題に関わりたいとの思いを実現するため、社会保険労務士の資格を取りました。北海道職員時代や北海道労働局で非常勤職員として働く中で、様々な会社に接しましたが、社員を大切にする会社は、元気で、業績も伸びています。中には、有給休暇もなく、社員を使い捨てにする会社もありますが、どの業界も働き手が少なく、労働者を確保できずにやむを得ず会社をたたむことさえある状況ですから、快適に働く環境の整備と確保は、ますます大切です。今後は、働き方改革が進み、社会労務士の役割は、より大切で重いものになるものと考えています。いろいろな業界で活躍している様々な方々と接することは、たいへんに楽しいです。

  

成田融治(なりた ゆうじ)

好きな人

寺島実郎、西部邁

 

好きな言葉

努力、学ぶ

 

子供たちへ。                                                                                                      夢をあきらめないでほしい。                                                                              自分は、この辺で終わりと思ってはいけない。                                                                                                            努力と学びが大切です。


子供たちにひとこと

◇学ぶということは大切です。

 本を読むことだけではなく人から教わることもたくさんあります。

◇日本社会には、ワークバランス・女性の活躍社会・労働生産性の向上など、まだまだ課題

   があります。

 

 

事業概要

事業名 Yuu 社会保険労務士事務所

 

    特定社会保険労務士 成田融治

 

所在地 江別市弥生町2-15

 

電 話 090-8639-2482

 

URL       https://yuu-office.jimdo.com/市弥生町2-15

電話 090-8639-2482江別市弥生町2-15

電話 090-8639-2482